2014年01月30日

大学院で完全英語教育

明治大学は4月、大学院で完全英語教育を行う「グローバル・ガバナンス研究科(博士後期課程)」を開設する。国際開発政策など3つの専門分野を用意し、国際的に活躍できる公務員や非政府組織(NGO)の専門家らの育成を目指す。
 東京・御茶ノ水の駿河台キャンパスに設置。「公共政策」、「国際開発政策」、NGOの運営など「地域マネジメント」を3年間研究する。環境問題や貧困など地球規模の問題が山積する中、政府や民間企業などの役割を考察。「世界がいま必要とする人材」の育成を目指す。
 入学定員は5人で、4月と9月に入学できる。修士課程修了者を対象に、書類審査や面接などで選考する。今回の4月入学の出願期間は既に終わった。国際機関で働いている人や外国の政府機関から派遣された留学生ら幅広い人材を想定、仕事を続けながら通えるカリキュラムという。年間の授業料は約50万円。
 明大は教育の国際化に力を入れ、日本のポップカルチャーなどを研究する「国際日本学部」は、一部カリキュラムを英語で教えている。2013年にはタイ・バンコクに「明治大学アセアンセンター」を開設。東南アジアの大学と連携し、明大への留学を促すと同時に、日本人留学生の支援拠点に位置付けている。大学院での英語教育良いんじゃないでしょうかね。どんどん進めてくださいよ。
posted by eigo at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人に分かりやすく変更

観光スポットや道路名を示す道路案内標識に併記されているローマ字表示を、外国人に分かりやすく変更する作業が29日、広島市で始まった。国などが進める「外国人旅行者の受け入れ環境整備事業」の一環で、県内では外国人観光客の多い同市中心部や廿日市市の宮島周辺などで、まず整備する。
 整備方針は、国土交通省広島国道事務所や県、市などで組織する「県道路標識対策部会」で決定。広島城は従来の「Hiroshimajo castle」を「Hiroshima castle」、鯉城通り(国道54号線)は「Rijo−dori」を「RIJO dori Ave.」と変更するなど、原則として一般的な英語で表記する。
 一方、すでに普及している観光ガイドなどとの整合性に配慮した変更もあり、平和大通りは、市のホームページなどの表記に合わせて「Heiwa odori Ave.」から「Peace Boulevard」となる。
 今回整備するのは観光拠点に設定されている広島城、縮景園、原爆ドーム、平和記念公園(以上広島市)、宮島(廿日市市)の5カ所と、駅やバスセンター、港を結ぶ道路。
 この日は、広島城南側から平和大通りにかけての鯉城通りで実施。作業員が脚立などを使い、案内標識の英語表記の上に新表記のシールを貼り付けた。同事務所は、国道2号と54号で計56カ所を年度内に変更する予定。各地で英語標記への変更が広まっていっていますね。ローマ字でも良いように思いますがね。
posted by eigo at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

The die is cast.

「なぜ英語を勉強しなければならないのか分からない」。英語教育論が専門の鳥飼玖美子・立教大特任教授は小学校へ講演に行くと児童に尋ねられるという。「担任の先生は『勉強しておけば損がない』と言うけれど……」と言う子に「英語ができる、できないで人生は決まらないけれど、できれば意外とよいことがあるかもしれないよ」と伝えるそうだ。

 文部科学省は2018年度をめどに、小学校高学年の外国語教育を「教科化」し、中学校で「英語による英語の授業」をスタートさせる方針だ。早期教育で「使える英語」を身につけることが期待されている。グローバル化で海外展開する企業も増え、英語教育は熱を帯びる。だが「とにかく英語が使えさえすればよい」という感覚には不安を覚えるのだ。

 私立高で英語を教える先生は、授業での悩みは、生徒の「英語力」ではなく「国語力」だという。ジュリアス・シーザーがルビコン川を渡る際に言ったという「The die is cast(さいは投げられた)」を日本語で説明すると「シーザーが動物のサイを川に投げ入れる姿」を想像した生徒がたくさんいたという。

 「使える英語どころか日本語が通じない。もっと足元を見据えるべきだよ」と先生は言う。英語英語と国語が忘れ去られつつあるのが怖いですね。

posted by eigo at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

echizenwashi

越前和紙の魅力を産地の人々の生活も含めて、インターネットで世界に発信している英語のブログがある。管理するのは、日本の良さが残る「越前和紙の里」(越前市岡本地区)にひかれて移り住んだ愛知県出身の女性。ブログを見て海外から訪れる外国人の受け入れもこなし、産地のPRに一役買っている。
 女性は、同市大滝町の青木さん。英語のブログは、和紙の里に住んで10年がたった2010年に開設した。「紙」と「村」のページがあり、職人の仕事や製品を紹介。産地の風景や伝統食など日頃興味を持ったこと、感じたことを小まめに取り上げてきた。
 父親の仕事の都合で8歳の時、福井市に転居した。市内の高校在学中に英会話を独学し、大学では水墨画を学ぶため中国へ留学。アメリカやドイツにも一人旅し、持ち前の行動力で視野を広げた。
 「社会に対して何ができるか」を追い求める姿勢が原動力だ。外交官を志したこともあるが「身近な課題を解決できるのか」と疑問を感じた。日本も海外も都会の光景や便利さは似たようなもの。かつて、米国人の友人を連れて出掛けた和紙の里を思い出した。
 25歳の時に地元の製紙会社を訪ねて就職。現在は同社でアルバイトをしながら、和紙を使った造形や水墨画などの美術作家として活動し、英会話講師の顔も持つ。
 英語のブログは、パンフレットだけでは海外で和紙の良さを伝えきれなかった経験から開設した。毎月のように外国人が訪れた年もあり、紙すき体験を受け入れる体制も整えた。「ここには紙と共に生きる人たちがいる。そんな人生が成り立つ土地自体がブランド」と言い切る。越前和紙を使いたいという人を、世界中に増やしたいと願う。
 「『WASHI(わし)』は、海外にも通じる言葉。外国の人と直接やりとりするビジネスにつなげられたら」。産地の底上げへ、挑戦は続く。ぜひ、Blogをご覧ください。
http://jiyomonwashi.blog134.fc2.com/
http://www.echizenwashi.jp/english/index.php

posted by eigo at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

日本国籍に限定は不当

大阪府が高校生の英語力強化のため、2015年度から採用を検討している「スーパーイングリッシュティーチャー(SET)」の選考に関し、受験者を日本国籍に限定しているのは不当だとして、外国人の英語講師らの労働組合が反発している。府は、一般教員については条件付きで外国籍を採用しており、議論を呼びそうだ。
 府立高校で英語を教える外国人教員が組織する労働組合「OFSET(オフセット)」は昨年11月に抗議声明を出した。
 府教委によると、SETは3年の任期付き教員で、15年4月から進学校を中心に府立高6〜8校に配置し、段階的に対象校を増やす計画という。国際的な英語能力試験「TOEFLiBT」などを活用し、英語圏の大学に留学できるレベルを目指す。募集要項によると、TOEFLiBTスコア100点以上の高い英語力に加え、日本国籍を条件とする。教員免許の有無は問わない。
 外国籍の地方公務員の採用は、政府が「公権力の行使や公の意思形成に関わらない限り可能」と解釈している。府は公立校教員について、校長や教頭など管理職に就く可能性がある教諭ではなく、学級担任や教科指導に限る常勤講師として採用している。給与面など待遇の差はほとんどないという。
 SETに国籍要件を設けたことについて、府教委教職員人事課は「他校が使う可能性のあるカリキュラムの策定や教材開発に関わり、公権力の行使などに当たる可能性がある。管理職には登用はしない」と説明する。
 これに対し、OFSETのダミアン・ウィルソン代表は「メンバーには国際的な英語の指導資格を持つ外国人もいる。任期付きで管理職にもならないのになぜ制限するのか」と訴える。山形県で文部省(当時)の英語指導主事助手を務めたタレントのダニエル・カールさんは「生徒のニーズにあった教員がベストの人材であり、国籍は関係ないのではないか」と話す。
 賛否両論でもめそうですね。生徒の視線で考えてあげるべきだとは感じますね。
posted by eigo at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

管理職級の事務職員の確保に苦心

国際教養大(秋田市)で、大学の屋台骨となる管理職級の事務職員の確保に苦心している。採用条件として高い英語力が必要な上、私立大の引き抜きなどで中途退職が多く、職員育成がままならないためだ。大学設置者の県からの派遣も縮小方針が決まり、自立した職員確保が迫られている。
 同大は全授業の英語化など、国際色を前面に出す。留学生や外国人教員が多く、教員の半数以上は日本語を理解できない。会議などの資料は英語で作り、会話も英語だ。
 事務職員は、英語能力試験「TOEFL」で600点相当など、高度な英語力が必須になる。財務会計など事務処理能力も当然必要で、両方を兼ね備える人材は少ない。同大によると、英語が優れていても事務能力が低かったケースもあった。
 事務職員の勤務年数が浅いのも、管理職確保が進まない理由の一つ。事務職員53人のうち10人が県からの派遣組。派遣を除く事務職員の平均勤続年数は5年で、本年度内にも5人が退職予定だ。
 英語力に主眼を置く採用スタイルのため、これまでは女性職員の採用が多く、夫の転勤などで早期退職するケースも少なくなかった。
 給与面などで雇用条件のいい私立大による引き抜きもある。国際色を売りにする大学が増え、英語に精通する職員の需要は高い。独自の国際的な取り組みで知名度が高い国際教養大での勤務経験者は、他の大学にとって大きな魅力になる。
 同大を所管する県学術振興課の米沢課長は「管理職を任せるだけの技能を身に付けさせるには勤務経験が足りない。人材確保は難しく、頭が痛い」とこぼす。
 2004年の開学以来、職員の不足分は県からの派遣に頼ってきた。だが、昨年12月の県議会で「派遣によって職員育成の意識が低く、いつまでも自立できない」などの声が相次ぎ、段階的に削減することになった。
 同大の嘉藤事務局次長は「安易に派遣に頼っていた面は反省し、今後はしっかり職員育成に取り組む」と話した。かなりの英語力と事務管理能力が必要なんでしょうね。人材を育てていくことが必要ですね。

posted by eigo at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

「フレンズ」

台湾や中国、香港などでは、一般家庭に映るケーブルチャンネルに「CNN」や「FOX」など、欧米系のチャンネルが引かれている。地上波というくくりではないが、大抵の集合住宅はこれらのケーブルを基本的に引いており、料金は無料か、発生しても数百円程度だ。日本で、外国語チャンネルを引こうとすると、アンテナ付きCSやケーブルチャンネルで、アンテナ購入費や基本加入料金、チャンネル追加量などを含めると初期数万円、月に数千円とかかる。一般人の生活には程遠く、日本で「日常のテレビ視聴で英語に触れる」ことはほとんどないのが現状だ。
 中国や台湾、韓国の人たちはテレビで日常的に「英語」を聞ける環境にあり、なかでも、共通して英語に堪能な人は、決まった「番組」を見ることで習得している。その1つが「フレンズ」だ。日本にも様々なアメリカ系ドラマが流入しているが、テロ解決モノの「24」や医療モノの「ER」など特殊なシチュエーション。洋画もフィクションなど日常生活にはあまりない展開が起こるものが多い。
 しかし、「フレンズ」は若者の日常生活を題材にしたシチュエーションコメディ。舞台が割と決まっていて、トーク中心で話が展開しているため、トークの内容も恋愛や食事、文化など我々の日常生活に即している。英語に堪能な通訳者は「フレンズを『まず英語字幕で見て』『次に母国語字幕で見る』と効果的。反対の順番だと、はじめに意味が分かってしまい、英語字幕が見る気がしなくなります」と話す。
 日本人学習者は、DVDをレンタルし、初めに英語字幕で見て、次に日本語字幕で見るのがベスト。ストーリーも面白く、話に引き込まれてしまうため、英語字幕で見た場合「何を言っているのだろう?」と好奇心も湧き、学習効果も高まる。
 フレンズは1994年〜2004年のアメリカNBCの放送で、日本では現時点でレンタル視聴が基本。そして現在、アメリカで放送中で、教材としても注目を集めているのが「モダンファミリー」だ。アメリカの様々な家族を描いた人気作で、日本でのレンタル開始が待たれるところだ。英語学習で既存の教材に飽きた方は「ドラマ」を試すのもよいかもしれない。あなたも試してみてはいかがでしょう。それにしても茶の間で英語に触れる安価な環境をつくって欲しいものですね。
posted by eigo at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

提出を失念

生徒が受験した実用英語技能検定(英検)の答案を日本英語検定協会に提出し忘れ、合格証書を偽造して生徒に渡したとして、香川県教委は15日、高松市立中学校の女性英語教諭を減給10分の1(2か月)の懲戒処分にした。
 発表によると、教諭は2012年2月、前月に校内で12人が受けた英検の答案の同協会への提出を失念。自分で採点したうえで答案用紙を破棄した。同年4月、当時3年生の生徒1人から合否の問い合わせを受けたため、パソコンで4級の合格証書を偽造して手渡した。
 氏名が手書きだったことなどから保護者が不審に思い、校長へ相談して発覚。教諭は「送り忘れに気付き、パニックになった」と話しているという。12人は検定を受け直した。当時、校長から報告を受けた市教委も「生徒や英検協会に謝罪して解決した」として県教委への連絡を怠っており、県教委は文書で市教委に改善指導した。失念とはどうしたんでしょうかね。パニックにならず協会に問い合わせれば適切な処理方法があったのではないかと思いますがね。

posted by eigo at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hobonichi Plannner

「ほぼ日手帳」は同社のWebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」発のグッズとして2001年に発売。昨年版は48万部を販売し、今年も好調に推移するロングセラーになっている。
 今年で2年目となる英語版「Hobonichi Plannner」は昨年の47カ国から61カ国に出荷先を拡大したこともあり、前年から2倍以上となる4382部を出荷したという。国別割合を見ると1位は米国(33%)。2位の台湾(30%)では現地の人気書店での販売も行っており、継続してユーザーを増やしている。ECサイトの完全英語化や日英併記のFacebookページ、海外の文具系サイトで紹介されたことなどが奏功しているという。
 世界的にヒットしそうな勢いですね。
posted by eigo at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

一般の外国人をガイド

三重大の留学生に世界遺産・熊野古道の魅力を知ってもらおうと、熊野市の県立木本高校の生徒が十一日、英語で市内の松本峠を案内した。同校は昨年度から英語の語り部養成に取り組んでおり、一般の外国人をガイドするのは初めて。
 中国やドイツ、英国などからの留学生五十人が参加した。木本高三年の工藤さんら四人は、熊野古道が熊野三山に向かう巡礼道であることを解説。「道は貴人のかごが通れるよう、幅広い造りになっている。雨でも崩れない構造になっており、昔の道普請の工夫がしのばれる」と紹介した。
 昔の猟師が、亡霊と見誤って銃を撃ったため、弾痕がある地蔵や七里御浜を望む絶景ポイントも回った。生物資源学を専攻するインドネシア人の修士一年、ヴォニ・デロシャベさんは「風景が予想以上に美しく、歩くのが楽しかった」と話していた。
 木本高は、ユネスコが認定する国際教育連携組織「ユネスコスクール」に選ばれており、地元の語り部や外国語指導助手(ALT)らの協力を得ながらガイドマニュアルを作成している。立派なガイドマニュアルが完成するといいですね。
posted by eigo at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

即効! 英語勉強法

週刊ダイヤモンドの1月11日号に英語勉強法の特集記事が載っています。ぜひ参考にして学習を進めてみたらいかがでしょう。以下に内容を示します。参考にしてください。

<Prologue> 英語はビジネスマンの必修科目
全社員をTOEIC800点へ 突き進む楽天“英語化"の狙い
英語強化に動くサントリー 実践力重視の双日と住友商事

<Part 1> ≪レベル別≫ 英語力アップ法
初級~上級 中学英語から再スタートしてTOEIC900点まで成長 森沢洋介●六ツ野英語教室塾長
聞く、話す、書くの練習 レベル別学習メニュー
最少暗記であとは基本の応用
中級 日常生活に関連した短い英文を覚えることが有効 曽根田憲三●相模女子大学教授
上級 仕事で使うビジネス英語は暗唱できるまで練習せよ 臼井俊雄●『本気で鍛える英語』著者
英会話力を実践で伸ばす
中級 25分100円切るスクールも 台頭するオンライン英会話
[Column] 人気を集めるフィリピン留学 欧米に比べて費用は約半分
中級 グーグル活用で誰でも簡単にネーティブの英文を書ける
上級 世界のエリートと仕事し議論する英語力習得の「基本」
[Column] 訪日外国人増で英語熱高まるサービス業従事者とシニア層

<Part 2> TOEICとTOEFL勉強法
英語検定の勢力図に異変! ? 認知度が高まる新規参入組
カリスマ講師のTOEIC攻略
TOEICの傾向と対策 効果的点数アップ法 神崎正哉●神田外語大学国際コミュニケーション学科語学専任講師
TOEICスピーキング/ライティング徹底分析 ロバート・ヒルキ●企業研修トレーナー
TOEFLの傾向と対策
3段階方式と多読、多聴で総合英語力を引き上げる 阿部友直●トフルゼミナール留学センター学部長
[Column] 企業が学生に求める英語力 あの手この手で支援する大学
[Column] 時事問題も学べ一石二鳥のウェブサイトやアプリ

<Part 3> 実践! 英語習得・活用術
「私はこれで英語力を高めた! 」
[Column] 主婦もリタイア組も手軽にNHK講座で上達する方法
[Column] 個人の英語力アップとともに必要な「組織英語力」の向上
すぐに話せるインド式英語
これからはアジア英語だ! 
英語力をさらに伸ばすためのベスト15


posted by eigo at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日英語体験事業

外国人と会話し、中学生に英語に親しんでもらう「一日英語体験事業」が11日、鳥取市若葉台北1の鳥取環境大で実施された。県内の中学1、2年の生徒35人が参加。外国人とクイズやゲームで遊びながら、生の英語に触れた。
 指導に当たったのは、県内外の学校で活動する外国人英語指導助手ら9人。レクリエーションを中心に計6時間実施され、英語漬けの1日を過ごした。クイズのルールなども英語で説明され、中学生たちは四苦八苦。身ぶり手ぶりも交えながら、外国人となんとかコミュニケーションを取っていた。
 岩美町浦富から参加した中学2年の女子生徒は将来、海外で働くのが夢。「普段の授業は書いてばかりで外国の人と直接話す機会は少ないので、新鮮で楽しい。日常生活で使える英語も学べて、とてもためになる」と話していた。
 主催した県教委の内仲・英語教育推進室長は「今後の社会では自分の考えを英語で伝える機会も増える。グローバルな人材育成のきっかけにしたい」と話した。
 外国人と直接交流する機会がどんどん増えることを期待したいですね。
posted by eigo at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

「賛成派」は87%

未就学児の母親の87%が「小学校の英語必修化」に賛成していることが、トレンド総研が1月9日に発表した調査結果より明らかになった。
 同調査は未就学児の母親(20代〜40代)500名を対象に、子どもの英語教育に対する母親の意識を探るため、インターネット調査を実施。調査期間は2013年12月5 日(木)〜12月9日(月)。
 小学校の英語必修化について、「賛成派」は87%で、「反対派」の13%を大きく上回った。賛成の理由として「これから英語はもっと重要になってくるし、子どもの世界も広がると思うので」(滋賀県・27歳)や「苦手意識を持つ前に英語に触れる方が良い。小さい方が頭も柔軟」(千葉県・34歳)などの意見があった。一方、反対の理由として「学習方法が問題。時間をかければ良いというものではないと思う」(東京都・34歳)や「英語をやるなら早くからやった方が良いとは思うが、子どもたちの負担が心配」(福岡県・31歳)などの意見があった。
 英語教育を始めた時の子どもの年齢は、「1歳」35%、「2歳」10%、「3歳」7%と52%が3歳までに始めている。一方、「まだ始めていない」は42%だった。そこで、幼少期から英語に触れることは、重要だと思うか尋ねたところ、89%の母親が「重要だと思う」と回答した。
 幼少期の英語教育に重要だと思うことを複数回答形式で尋ねたところ、1位「英語の歌を聞かせる」62%、2位「外国人と話す機会を作る」62%、3位「英会話を聞かせる」53%と、いずれも「英語を聞く」ことであった。
 「幼少期にこそ『えいご耳』を鍛える必要がある」と感じている母親は76%を占め、さらに97%の母親が「耳から学ぶことで、子どもに効果的に英語を学ばせることができると思う」と回答した。
 言語脳科学者である東京大学の酒井邦嘉教授は、「『えいご耳』を鍛えるために、繰り返し英語を聞かせることで、子どもたちは自然と英語の韻律を学ぶことができる」と指摘している。
 親が先行して英語を学ぶ姿勢を示すことが重要な気がしますね。英語を学ばせることは良いでしょうが負担も考えてあげるべきだと思いますね。






posted by eigo at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語落語

かつしかシンフォニーヒルズ(葛飾区立石6)で1月25日、落語家の桂かし枝さんが「英語落語」の公演を行う。
 桂かし枝さんは英語落語の第一人者。NHK総合「英語でしゃべらナイト」、NHK教育「いまから出直し英語塾」などの出演や、中学3年生の英語教科書『NEW HORIZON』『ONE WORLD』での紹介で話題になる。2007年からは文化庁文化交流使に任命され、世界各国を巡り日本の笑いを世界に届けている。
 当日は落語の高座のほか、世界17カ国97都市300回を超える公演での体験談、英語コミュニケーションの秘訣(ひけつ)、国際交流の素晴らしさを伝えるなど盛りだくさんの噺(はなし)を届ける。
 企画を担当する、かつしかシンフォニーヒルズの岡橋さんは「落語好きや英語を勉強している人だけでなく、落語初心者や子どもでも自然と楽しめる公演になっている。ぜひ足を運んでほしい」と来場を呼び掛ける。
 開演は14時30分。前売り券は1,000円(全席指定、未就学児入場不可)。チケットは、かつしかシンフォニーヒルズ、かめありリリオホールなどで扱う。
 ぜひ、お近くの方はお子さんと一緒に参加してみてはいかがでしょう。
posted by eigo at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外留学先に近い環境造り

世界で活躍できる「グローバル人材」の育成を目指し、栃木県経済同友会は2014年度、県内の大学に通う日本人学生と外国人留学生の交流事業を始める。
 日本人と外国人で混合のグループを複数つくり、英語を公用語にビジネスコンテストで提案を競わせたり、課題を与えて英語のリポートをまとめさせたりといった内容を検討中だ。泊まり込みの合宿も予定しており、海外留学先に近い環境をつくって日本人学生を鍛える。
 県内の大学、短大などから、日本人と外国人をそれぞれ20人程度集める。途上国の農村指導者を目指すアジア、アフリカの学生らを育成する「アジア学院」(那須塩原市)との連携も視野に入れている。
 グローバル人材の育成は、同友会が13、14年度の重点的活動と位置づけている。日本の若者は、海外に出たがらない内向き志向が指摘されるが、同友会の内藤靖・国際化推進委員長は、「交流事業をきっかけに異文化への興味を持ってもらいたい。『海外で勉強したい』という意欲にもつなげたい」と話している。
 環境をつくってあげることも重要かもしれませんが日本自体が海外志向に変わっていかないと難しいのかもしれませんね。

posted by eigo at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

Asagiri Welcome to our town.

あさぎり町の教育委員会は中学生向けの英語読本「Asagiri Welcome to our town」を製作した。町の概要や名所、産業などを紹介する内容で外国人向けのガイド本としても活用する。
 B5判48ページ。米国からあさぎり中に赴任した先生と生徒らが町について会話する内容。同町の外国語指導助手(ALT)ら4人が監修した。
 教科書と並行して実践的な英会話も学んでもらおうと、日常会話で使う簡略な表現も使用。英会話と日本語訳に加え、名所や球磨焼酎の製造工程などの写真も多く掲載した。
 「国際社会を生きるうえで、自分の郷土について知っておくことは常識。子どもだけでなく、大人も英語や町のことに興味を持ってもらいたい」と愛甲町長。
 1200部製作。あさぎり中の全校生徒約480人に配り、新入生にも毎年贈る。公共施設や金融機関などにも置く。リスニングの学習用に、内容を録音したCDも製作するという。 教育にガイドに大いに活用してください。
posted by eigo at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

流暢(りゅうちょう)な英語

イタリアセリエAの名門ACミランへの加入が決まり、日本時間5日未明に現地入りした本田圭佑が、クラブの公式インタビューに流暢(りゅうちょう)な英語で答えていた。スピーチの発言だけでなく、ヒヤリングもバッチリで、曖昧な質問は聞き直し、趣旨を確認して答える余裕も。
 海外移籍を視野に入れ、Jリーグ時代から英語を勉強していたという本田だが、英語力が飛躍的に伸びた理由は、21歳の時、最初に移籍したチームがオランダリーグだったことにある。
「オランダは非英語圏の国なのに、国民の8割が英語でコミュニケーションできる珍しい国。08年から所属したチームで本田は、片言レベルながら、何度も堂々と英語でインタビューに答えています。チームが用意した英語教師とも、練習後みっちり勉強していました。彼の英語力は、ここで飛躍的に伸びたのです」
 10年から所属したロシアのCSKAモスクワでも、チームが“多国籍軍”だったことが幸いした。試合中のコミュニケーションは英語、インタビューではロシア語の質問を通訳が本田に英語で伝え、本田からの英語の答えを、通訳が再度ロシア語にしていた。歯に衣着せぬ性格に加え、英語を使う場数も豊富だったのだ。
 とはいえ、これから本田はイタリア語の猛勉強が必要だ。代表での存在感やファッションセンスで何かと比較される中田英寿は、イタリア移籍後あっという間にペラペラになって、イタリア中に認められた。イタリヤ語もあっという間にぺらぺらになるんじゃないでしょうかね。
 現地に一人で行くことが外国語習得の一番良い方法なのかもしれませんね。


posted by eigo at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 多言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語表記のガイド

妙高市の妙高高原商工会と市観光協会は、外国人客向けに妙高高原地域の飲食店を紹介する英語表記のガイドを作った。「妙高のおいしい料理を楽しむのに役立ててもらいたい」としている。
 妙高市では数年前から、オーストラリアを中心に英語圏のスキー客が増加している。多くの客は、宿泊施設で夕食をとらず、飲食店に出掛けて食べるのを好むという。このため「気軽に食事できる店を知りたい」との要望が寄せられていた。
 ガイドには掲載を希望した妙高高原地域のすし店や焼き肉店など31店を紹介。地図や営業時間、連絡先のほかに「手打ちのそば」「50種類のメニューから選ぶことができる」など店のお勧めメニューや特徴も盛り込んでいる。
 B3判で、1万2千部を印刷し、妙高高原地域の宿泊施設や飲食店に配布した。
 同商工会は「せっかく遠くから来てくれたのだから、妙高の味を楽しんでいってほしい」とガイドの活用を期待していた。多くの外国人観光客が利用するといいですね。
posted by eigo at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

「TOEIC」「TOEFL」「IELTS」それに「英検=実用英語技能検定」

人事院は、国家公務員の総合職の採用試験について、「TOEIC」など外部の英語の検定試験で一定以上の成績を修めた場合、採用試験の点数に加算する仕組みを平成27年度から導入することを決めた。
国家公務員の総合職の採用試験には、現在も英文読解の問題が含まれていますが、人事院は、幹部候補としてふさわしい英語力の有無を検証しようと、外部の英語の検定試験を活用することを決めました。
具体的には、「TOEIC」「TOEFL」「IELTS」それに「英検=実用英語技能検定」のいずれかで一定以上の点数を取るなどした場合、採用試験の点数に加算するとしています。
例えば「TOEIC」の場合は、直近の5年間で730点以上取っていると25点を加算し、600点以上の場合は15点を加算します。
人事院では、平成27年度の総合職の採用試験から新たな仕組みを導入することにしています。
人事院は「政策を企画立案する際に海外の事情をみずから調査するなど、行政の国際化はこれまで以上に進んでいる。国家公務員の総合職を目指す人には英語の学習意欲をさらに高めてもらいたい」としています。
 国家も英語に偏りすぎではないでしょうかね。もっと日本の文化・伝統を学ぶほうが重要な気もしますがね。
posted by eigo at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOKUSHIMA英語村

徳島県の飯泉知事は6日の年頭会見で、2014年度に牟岐町灘の県立牟岐少年自然の家を拠点にした「TOKUSHIMA英語村」を設置する考えを明らかにした。高校生に疑似留学体験をしてもらい、世界で活躍できるグローバル人材を育成する。
 「英語村」は、英語を母国語とする外国人らが講師を務める体験施設。知事が昨年視察した韓国・パジュ市の英語村「パジュキャンプ」を参考に独自のプログラムを展開していく。
 授業は米ハーバード大学の「リベラル・アーツ(少人数で基礎的な教養を磨く教育)」の手法を取り入れる。同大などの学生ら同世代との生活や授業を通じて生の英語を楽しみながら学んでもらう。
 県は今年の夏休みごろのプロジェクト開始を目標に詳細なプログラムを検討していく。知事は「生きた英語をしっかり学んでもらうため徳島ならではの英語村をつくっていきたい」と述べた。
 先進地のパジュキャンプでは国内外の小中高校生や社会人を対象に、約110人の講師が指導している。韓国には30〜40の英語村があり、日本からの参加者も増えている。
 日本国内にも英語村が多数できるようになるのかもしれませんね。
posted by eigo at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。