2010年03月30日

中国語版を設ける

高松市の大西市長は30日の定例会見で、1日からホームページに中国語版を設けると発表した。中国からの観光客や市内在住者の増加を受けたもの。観光地の紹介をはじめ、子育て・教育、各種手続き、施設紹介など生活情報関連で専用のコンテンツを設ける。
 高松市の外国語版ホームページの開設は英語に続いて2番目。中国語版は県、丸亀市、三木町が開設している。市長は「特に観光情報を充実させていきたい。高松空港で中国航路開設を目指す取り組みにもつながればと思う」と話した。
 観光のページでは、栗林公園や屋島などの主要観光地の写真や地図、交通アクセスを紹介。讃岐うどんのコーナーでは、「かけ」「ぶっかけ」「釜揚げ」など、おなじみのメニューの作り方を解説している。
 2月末現在の高松市の外国人登録者数3241人のうち、半数弱の1581人を中国人が占めている。なんでこんなに中国人が多いんでしょうかね。出稼ぎですかね?英語以上に中国語が必要な時代が来るかもしれませんね。
posted by eigo at 19:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 多言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国語とても最近人気ですよね。
以下のサイトで中国語は無料で勉強できます。
よかったら、どうぞ。(テキストは購入頂くか図書館で借りれば利用できます)
http://fchi.web.fc2.com
Posted by 通りすがり at 2010年03月30日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。