2010年04月23日

ザガット英語版

長野県内のレストランや宿泊施設を評価したガイド本「ザガットサーベイ長野のレストラン&ホテル」(発行元・CHINTAI)の英語版がこのほど完成した。信州・長野県観光協会は8千冊購入し、関係機関に配布している。
 日本語版は昨年3月発刊されている。ザガットは東京版と関西版があるが、地方では長野版が初めてで、また宿泊施設も初めて評価されたこともあって、大きな話題となった。
 英語版は80ページでポケットサイズとした。日本語版の掲載数は宿泊施設が110軒、レストランは311軒だったが、英語版ではそれぞれ51軒、128軒となっている。巻頭に県の観光情報をカラーで掲載している。購入費については協会と県が出しており、計980万円。
 JNTOの海外事務所や海外の旅行会社、英語圏の在日大使館などに配り、外国人観光客の誘客に活用する。かなりの出費ですからザガット英語版によって多くの外国人観光客が訪れるといいですね。
posted by eigo at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。