2010年05月12日

無料で地元の家庭に泊まれる?!

英語を教える代わりとして、無料で地元の家庭に泊まることができるという新たな試みが中国で始まっているらしいですよ。
 同国で英語を習うには、1時間当たり最大500元(約6800円)と多くの国民にとっては高額な費用がかかる。このため、地元の非営利団体が外国人旅行者などに住み込みの英語教師になってもらう仕組みを考案し、先月実行に踏み切った。
 宿泊者には、1日のうち少なくとも2時間は英語を話すことが義務付けられる。
 同団体の設立メンバーは、過去30日間で約5000家族がホストファミリーとなるための登録を行ったとしている。上海万博もこんな方法を駆使して行ったら安く上がるかもしれませんね。でも英語が出来なければダメですがね。
posted by eigo at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。