2010年06月29日

Twitter英語学習法

ディスカヴァー・トゥエンティワンは2010年6月16日、新刊本『世界とつながるTwitter英語学習法』(著・本間正人)を発売した。
「140文字」というツイッターの持つ特性を最大限に生かし、1日わずか15分程度、英語を読み書きするだけで驚異的な英語力の向上をもたらすといい、同書では、その読み書きのコツや、ツイッター独特の英語表現を分かりやすく解説。また、文例も豊富に載せ、誰でもすぐに英語で「つぶやける」ようになるとしている。
「趣味の話のコツは例を多く挙げること」「ほめ言葉を積極的に使う」「分かる言葉だけ追えばいい」「金言・格言をアレンジして使う」など、思わず納得のアドバイスが多数収められている。
「ツイッターという短い文章の世界では『英語のできる人とできない人の文章の差はそれほど出ない』というのも大きな安心材料になるのではないでしょうか」と、著者の本間氏。
オバマ米大統領や宇宙飛行士・野口聡一さん、脳科学者・茂木健一郎さん、オノ・ヨーコさんら著名人、また知っておくと便利なアカウントも43紹介している。日本語でなく英語を学びながら情報発信するのも良いかもしれませんね。


posted by eigo at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。