2015年01月02日

「イングリッシュビレッジ」を開設。

全ての授業が英語で行われる公立大学として知られ、文部科学省の「スーパーグローバル大学(SGU)」に選ばれた国際教養大(秋田市)が来年1月、全国の中高校生を対象に、英語で英語を教える「イングリッシュビレッジ」を開設する。参加は、要望に応じて数時間から複数日まで自在。県外の学校に修学旅行などに組み込んでもらい、大学発の地域振興につなげる狙いもある。
 イングリッシュビレッジは、少人数のグループに分かれ、教員志望の大学院生や学部生が、英会話と発音練習を中心に指導する。留学生とも会話し、英語によるコミュニケーションの楽しさを感じてもらう。参加費は無料。2012年から地元の中高生を対象に同様のプログラムを開催すると「話せる体験ができて自信がついた」との声が寄せられ、対象を全国に広げることにした。
 講師の学生にはSGU予算から時給1000円程度の報酬を支払い、プログラムの質を確保する。講師は現在約10人だが、模擬授業でトレーニングを積み50人程度に増やす方針だ。
 1月5日に秋田県内の高校が参加する予定で、青森県内の高校からは2、3月に参加予約が入っている。今後、イングリッシュビレッジへの参加が修学旅行に組み込まれれば、県内の観光地や宿泊施設の集客が見込めるため、同大は「地域活性化にも貢献できる」と期待する。同大大学院の教授(英語教育専攻)は「コミュニケーションの実体験が英語上達につながればいい。多くの中高生に訪れてもらい、国際教養大発の地方創生につなげていくことが目標」と話す。ぜひ、関心のある方々は問い合わせしてみたらいかがでしょう!!
 問い合わせは同大の研究・地域連携支援チーム(018・886・5904)。
posted by eigo at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。