2015年01月02日

英語村

2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて、東京都は英語教育を強化しようと、日本語の使用を禁止し、英語漬けの生活を体験できる教育施設「英語村」を4年後の2018年をめどに開設する。

 東京都は今年度、都立高校に海外から新たに100人の英語の指導助手を招くなど、6年後のオリンピックに向けて英語教育の強化を進める。

新たに開設することになった「英語村」は、英語教育に力を入れる韓国では10年ほど前から盛んで、欧米のレストランや銀行などをイメージした施設が各地につくられ、授業などに活用されている。
都は2018年をめどに「英語村」を開設し、小中学生や高校生を対象に、国内にいながら英語漬けの生活が体験できるよう、原則、日本語の使用を禁止して外国人講師から実践的な英会話を学んでもらう計画です。
都によりますと、「英語村」を自治体がつくるのは国内では初めてだということで、オリンピックのあとも英語教育の拠点として活用していくことにしています。
都は近く専門家による検討会を設置して、施設の内容や教育プログラムについて具体的な検討を進めることにしています。早めに開設にこぎつけて欲しい気がしますね。

posted by eigo at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。