2008年04月29日

オーディオブック

英語の読解力とヒアリングの学習には、iTunesの英語のオーディオブックが役立つ。オーディオブックとは書籍を朗読したメディアで、iPodに入れてどこでも聞くことができる。この英語のオーディオブックを英語学習者がより効果的に活用するには、最初にその翻訳書を日本語で読んでから聞くことだ。
日本語でいったん内容を理解しておくと、意外なほど英語が聞き取れるようになる。内容がすでに頭に入っているのだから当たり前と思うかもしれないが、実際に試してみるとその意外な感じを理解していただけるはずだ。
聞き取れない部分があっても、そこでつまずくことがないので、気楽に英語を聞き流せるようになる。一昔前の英語学習法だが、英語に耳を慣らすために意味も分からないまま英語をひたすら聞くというメソッドがあった。そのような方法では英語を音楽のように聞き流してしまい、英語を聞く注意力の育成に役立たない。それが、最初に意味が分かっていると、部分的に聞き取れなくても、聞き取る注意力が維持できる。 ある程度内容が分かって聞くほうがいいような気がしますがはたしてどうなもんでしょうかね。関心ある方は是非試してみてください。
posted by eigo at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。