2014年03月27日

日米小学生そろばんコンテスト

日米の子どもがそろばんの腕を競って交流する「日米小学生そろばんコンテスト」(全国珠算教育連盟県支部主催)が26日、横須賀市日の出町の市勤労福祉会館「ヴェルクよこすか」で開かれた。県内のアメリカンスクール4校の77人と14のそろばん教室に通う98人の計175人が出場した。
 1996年から開かれ、今回で16回目。3年生以下と4年生以上に分かれ、見取り算と英語での読み上げ算に挑んだ。
 子どもたちは、英語で次々に読み上げられる数字を聞き取り、たまをはじいて答えを導くと答案用紙に書き込んだ。
 出場した男子児童は「緊張したけれど、楽しかった」とにっこり。2年前からそろばんを習っているという男子児童は「速くなるとついていけない時もあるけれど、そろばんを使う時のパチパチという音が気持ち良い」と話した。
 同支部の角田広報部長は「そろばんを日本文化として、私たちがアメリカンスクールで教えることもある。米国の子は繰り上がり計算が弱い傾向があるが、そろばんをやると計算力が付くことが米国人に知られ始めている」と話した。そろばんに英語を取り入れることを通じて日米の子供達が交流できて良いですね。
posted by eigo at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

全小学校5校の低・中学年(1〜4年生)で英語の授業を本格的に始める。

 岩手県金ヶ崎町教育委員会は新年度、町立の全小学校5校の低・中学年(1〜4年生)で英語の授業を本格的に始める。
 外国語の授業は高学年(5、6年生)で必修になっているが、今月、国の教育課程特例校に指定され学習指導要領以外の授業が行えるようになったため。県内の自治体で、全小学校の低・中学年で英語を教えるのは金ヶ崎町が初めて。約580人が対象となる。
 同町の小学校は今年度、特例校指定を視野に入れ、低学年で年10時間、中学年で同15時間、英語の授業を試行した。新年度は、低学年を同20時間、中学年を同35時間に増やす。
 米国出身の3人の外国語指導助手が全ての授業に参加し、担任と協力して英会話を指導する。教科書は使わず、英語の絵本や紙芝居、DVDなどを活用し、聞く力と話し方を身に着けてもらう。低学年の目標に「英語に親しみ、楽しむ」などを設定するほか、児童があいさつや校内放送などに英語を使う「イングリッシュ・スクール・デー」も週1回程度設ける。
 隣接する奥州市などで素粒子物理学の実験施設「国際リニアコライダー(ILC)」の建設構想があり、低学年から英会話に触れさせ、国際化が見込まれる地元や海外で活躍する人材を育てる狙いがある。
 町教委の斎藤指導主事は「苦手意識を持たずに、英語を楽しんでもらうことが大切。子どもたちのコミュニケーション能力を高める効果も期待できる」と話している。これぐらいに国語の教育も進めてほしいものですね。子供たちの負担にならなければいいのですがね。
posted by eigo at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

英語能力テストTOEICでCランク以上を目指してもらいたい!!

石川県小松市は2014年度以降、市職員や観光関係者を対象に英語力の向上に本腰を入れる。まずは、外国人をもてなす「人」からテコ入れし、国際都市こまつを目指す。
 11日の定例会市議会本会議で、早松総合政策部長が出戸氏(維新こまつ)の一般質問に「多くの職員には、英語能力テストTOEICでCランク以上を目指してもらいたい」と目標を掲げた。
 TOEICは、990点満点で、Cランク(470〜730点)は「限定された範囲内で、業務上のコミュニケーションができる」とされるレベル。
 市は、市で開かれているTOEICの受験機会を13年度から年1回から3回に増やし、受験料の半額を負担。受験前の英語力向上講座(計4時間)も無料で開く。年間事業費は46万円で、過去3年間で延べ170人が受験。平均点は394点だった。20〜30代の職員が受験し、14年度も継続する。30代の男性職員は「プレッシャーですね。勉強が大変」、20代の女性職員は「自分のためにも頑張りたい」と話した。
 市国際都市こまつ推進センターでは、小松空港や駅、バスやタクシーなど外国人と接点のある働く人を対象に、一四年度から英語コミュニケーション講座を開く。講師は、市内の外国語指導助手や国際交流員で回数は未定。多くの観光都市を抱える自治体の職員に同様な施策が広まっていくのかもしれませんね。
posted by eigo at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

子供向け英語ドリル

日本代表GK川島永嗣=Sリエージュ=が、次世代のタレント育成に本格的に乗り出す。自身が監修する、子供向け英語ドリルが出版されることが10日、分かった。サッカー選手が語学教材を手掛けるのは異例。自己紹介はもちろん、パスやシュートなど試合で使う表現まで、すべての内容に目を通し、意見を出したという。
 製作は、川島が発起人兼アンバサダーを務める団体「グローバルアスリートプロジェクト」が主体となって進められ、幻冬舎から出版される。関係者によれば、サッカーを通じて楽しく英語が学べるように、幅広い子供たち(6〜12歳程度)を対象にした。W杯開幕を直前に控えた5月にも出版される見通しだ。
 ドリルには、川島本人をモデルにした小学生「エイジくん」が登場。自分以外全員が外国人というサッカーチームに加入し、英語で交流を深めながら成長するストーリー仕立ての教材だ。
 日本代表きっての国際派の川島だからこそ可能な企画だ。プロ入りした01年から、オフにはイタリアに渡って短期留学するなど語学習得に努めてきた。ベルギーで活躍する現在は現地公用語のフランス語など、計7か国語を操る。試合後には通訳も付けず流ちょうなフランス語で現地記者に応対。海外で培った生きた語学力が、教材にちりばめられている。
 テキストでの学習を、サッカーを通じて実践する構想も進んでいる。「グローバル―」では、英語を公用語としたサッカースクールの発足も計画中。川島も「スクールの考え方を具現化する、プロジェクトの象徴」(関係者)として運営に関わり、シーズン合間に帰国した際、可能な限り受講生と交流する。5月に首都圏の数か所に開校する方向で調整中。日本代表の守護神が、語学を通じて未来の日本代表予備軍を育成する。サッカーをを通じて英語を楽しく学ぶtぴうコンセントが受けるかもしれませんね。

posted by eigo at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

中学2、3年生を対象とする2泊3日の「英語生活」プログラム

中学2、3年生を対象とする2泊3日の「英語生活」プログラムに今夏、東京都内の昭島、国分寺、東大和市の3市が共同で取り組む。昭島、国分寺の2市が平成23年度から小学6年生を対象に実施してきた「小学生英語チャレンジ体験事業」を、26年度の新規事業として中学生にも拡大。東大和市は新たに中学生向けについて参加する。
 プログラムの期間中は参加者5〜6人にリーダー役として研修を受けた米国人が1人つき、就寝時以外のほとんどの時間を一緒に過ごす。この間、リーダーとの対話はもとより、参加者同士の会話も英語を使うよう促すことで、日本にいながら米国に“留学”したかのような経験ができるのが特徴だ。
 ネーティブスピーカーとともにスポーツなどのイベントを楽しみ、英会話の研修を受けることで、生きた英語と異文化にふれ、ふだんは顔を合わせる機会のない他市の生徒とも知り合える夏休みの貴重な体験ができそう。
 過去の小学生向けプログラムは応募者多数で抽選となる人気ぶりで、「終了後に書いてもらった作文はほとんどが『楽しかった』『また参加したい』という感想だった」(昭島市教育委員会)という。
 3市はそれぞれ新年度予算案に中学生向けで200万円前後の事業費を計上しており、参加者の個人負担は1人7000円に抑える。7月下旬、山梨県北杜市の調布市八ケ岳少年自然の家で開催する予定で、募集定員は各市30人。5月下旬から学校や市報などを通じて詳細を案内し、参加者を募集する。
 昭島、国分寺市は同時に小6向けプログラムも実施予定で、参加費は7000円と昨年より1000円高くなるが、それぞれ45人を募集する計画だ。ぜひ、参加してみてはいかがでしょう。各地域で、このような企画が実行されていくといいですね。
posted by eigo at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。